ベランダコンポストをつくってみよう!

福井県池田町×ソトイコ!から、全国のみんなに挑戦状! ベランダコンポストをつくってみよう!

コンポストってなぁに?

コンポストとは、生ごみや落ち葉などの有機物を土に混ぜ分解・発酵させてできた堆肥のこと。良質な野菜や草木を栽培するためには、良質なコンポストが欠かせません。みなさんの家庭から出る生ごみも、土に混ぜればコンポストの資源になります。この夏の自由研究は、生ごみを使ったコンポストづくりに挑戦しませんか?

応募はこちら

コンポストづくりに必要なもの

種となるコンポスト(堆肥)や生ごみ。そのほか、土の環境を整えるために次のような材料をそろえましょう。カッコ内の数字は分量の割合ですが、あくまでも目安です。生ゴミの種類や天候、湿度などによっても状況は変わるので、様子を見みて種土の分量を調整しましょう。

土 ダンボール ビニール製ゴミ袋 生ゴミ 石灰 落ち葉 米ぬか

●ダンボール
容器として使います。バケツでも可能です。

●ビニール製ゴミ袋
ダンボールを使う場合、水分や中身が漏れないように箱の中に敷きます。バケツの場合は不要。

●生ごみ(25)
野菜の皮やヘタ、卵の殻などの生ごみ。ビニールや割りばしなど、異物が入らないよう注意してください。

●土・「種」となるコンポスト(5)
種土となるコンポストを用意します。

●米ぬか(5)
土壌の微生物を活性化させる働きがあります。

●苦土石灰(3)
生ゴミが入ることで土は酸性になるので、それを中和させるためにアルカリ性の石灰を混ぜます。

●落ち葉(1.5)
落ち葉も生ごみと同じく有機物なので、身近にあれば資源として加えられます。

コンポストの作り方

全部の材料をダンボールに入れてまぜよう

ダンボールの中にビニール製ゴミ袋を敷いたら、種土を入れます。そこに他の材料をすべて加えたら、よく混ぜましょう。混ぜて空気を入れることで、微生物が活性化して有機物が分解しやすくなります。

3日くらい経過すると発酵が始まり、土が黒っぽくなっていきます。ときどき、混ぜて酸素を含ませることもポイント。発酵が始まると、土が温かくなってきます。

発酵がうまくいくと、3週間くらいでサラサラとしたコンポストになります。臭いもありません。成功したらそのコンポストでぜひ、おいしい野菜を育ててみましょう。

コンポストづくりは、最初はなかなかうまくいかないものです。失敗しても、種土の量を調整したりしながら、何度か挑戦してみましょう。

福井県池田町の土で、コンポストづくりにチャレンジしよう!

福井県池田町では、各家庭の生ゴミを良質なコンポストに生まれ変わらせるプロジェクトを、町ぐるみで実践しています。コンポストづくりに挑戦してみたい!という小学生には、池田町でつくられた良質なコンポストを種土としておすそわけ。池田町の土と、家庭の生ゴミを活用して良質なコンポストを育てましょう。

応募はこちら

あたりまえがふつうにあるまち いい池田.jp 福井県池田町 観光情報サイト

いけだでちょっと特別な日常体験を! 池田町農村体験プログラム